手を取り合って、世界を変えていく。

少し時間はかかるけれど…

より多く持てる者は、そうでない者に分け与える。声を聞き、耳を傾け、手をさしのべ、彼らのために時間を割く。それが我々の社会的責任であり、secaが重視している事です。困難な条件下でも献身的に人道的ミッションに従事する医師や看護師、医療機関スタッフは、我々にとって本当に社会の英雄です。

彼らは病に苦しむ人を助け、弱者を強くし、老人たちを支え、悲しむ人に慰めを与えています。アフリカの砂漠であろうと、南米のジャングルであろうと、彼らは患者さんの健康と幸せを第一に考えています。そしてそれは、secaも同じです。世界展開する企業として、我々は彼らの崇高なボランティア活動をあらゆる形で支援しています。例えばユニセフや赤十字のような慈善団体や、私的プロジェクトに寄付金を贈ったり、救援物資を提供しています。以下にその一部を紹介したいと思います。


Giving a future to children with heart disease

 

Surgery is vital for children with a congenital heart defect. But unfortunately, not every region in the world can provide such an operation. The pilot project of the children’s hopsital kinderherzen, under the medical direction of Prof. Schlensak, is a solution to this problem.

In Santa Ana, a town in El Salvador, the mobile rescue unit is to be used for the first time in the winter of 2022/2023. This will allow young children to undergo life-saving surgery despite the poor medical infrastructure in their home country


ヨルク・ニチュケ博士 ― トーゴのチェヴィエで、ブルーリ潰瘍

との戦いを支援

ブルーリ、それはハンセン病と同じ菌に属する恐ろしい病気です。病変部がハンセン病のように変形することから、「ハンセン病の妹」と呼ばれることも多いこの病の多くは、とりわけ西アフリカの遠隔地村の住人を襲っています。

ここでは人々は池のような止水で体を洗ったり、洗濯することを余儀なくされており、子供達も沼で遊んでいます。発病の原因となるのは、この土地の止水に生息する虫により主にこの田舎地域で伝染する、マイコバクテリウム・アルセランスへの感染です。ハンセン病の患者と同様に、ブルーリに感染した患者は何重にも隔離されます。感染者の約半数が15歳以下の子供です。

地元住民に啓蒙を行う傍ら、DAHW(ドイツ・レプラ結核支援組織)はブルーリ早期発見のための医療スタッフの育成や、外科的および薬による治療の最適化に取り組んでいます。移動ヘルスウォーカーチームが隔絶された村を回り、患者の世話を行ったり、重症の患者がチェヴィエにある治療センターに移れるように手助けをしています。医学生時代に半年間フランス・マルセイユに留学経験のあるヨルク・ニチュケ医学博士は、トーゴの公用語であるフランス語が流暢に話せるので、ニチュケ博士自身も学校や市場でブルーリについて講演を行っています。


インドにある2つのリハビリセンター。

病気を持つ子供たちへの有益な治療。

この南インドに2つとない団体での手術や治療を経済的に支援するため、2010年12月にはsecaもCOCに寄付金を贈りました。その寄付金は、COCでの20床のベッドや小児整形外科診療所、理学療法センターや整形外科用工房の運営に利用されています。

また2004年にも、secaはこの支援団体「Patengemeinschaft」を通し、ユルゲン・ツィッペル博士による類似のプロジェクトに参加しました。彼らは1965年より、インドのタミルナードゥ州ケララで孤児や育児放棄された子供、障碍児や未成年者約1500人の世話をしています。寄付金はここでも、リハビリセンター付き整形外科診療所の建築や運営に当てられています。


エリトリアでの大きな活動。

未熟児が人生を踏み出すための支援。

未熟児が生き延びるチャンスを高めるため、人道支援団体「Hammer Forum e.V.」は2003年より新生児集中治療施設において実用的支援を行っています。年に2回、ドイツから医師1人と看護士2人がボランティアでエリトリアの首都アスマラにあるこの新生児病棟を訪れ、赤ちゃんの治療やスタッフのトレーニングを行っています。secaは2009年12月に、現地への航空券代、宿泊費、食費、薬代および医療機器代をすべて負担しました。


イエメンでのファーストエイド。

火傷患者のための治療。

2005年11月と2011年12月、secaはウェストファリアのハムにある支援団体へ2度に渡り多額の寄付金を贈り、戦争や紛争地域で命に関わる怪我を負った子供達のために利用してもらいました。寄付金は物資や専門治療だけでなく、現地での医学療法士の訓練にも使われました。

休暇をこれらの活動に捧げ、その人道的プロジェクトがいつまでも続くように力を注いでいるすべての医師や看護士たちに対し、secaは心より感謝の意を表したいと思います。


カンボジアの子供達。

新しい笑顔が見られるように。

この現状に対し使命感を感じた1人が、スイスの口唇口蓋裂専門医であるカチャ・シュヴェンツラー=ツィンマラー教授です。彼女はドイツ人とスイス人から成るチームと共に、年に2回14日ずつスイスのバーゼルからカンボジアのカンポンチャムに飛び、この先天性異常を持つ子供達に手術を行い、彼らに新しい笑顔を届けています。カンボジアでは整形外科や再建外科での医師の教育が急務であり、secaは2008年より支援団体「世界の医療団」へ寄付を行いました。


フィリピンのスラムプロジェクト。

最貧層への支援。

そのためフィリピンのセブ島で、「発展途上国医師団(Ärzte für die dritte Welt)」によるスラムでの支援プロジェクトが発足しました。2005年以来、常に2人のドイツ人医師が休暇をこの地での活動に捧げており、ボランティアで最貧層の人々の世話をしています。彼らは1週間に渡り、現地のスタッフと共に600人の子供や大人たちを治療しています。我々secaはこの活動に深い感銘を受け、2007年12月に初めてこのプロジェクトを共に支援しました。secaの寄付金は主に毎月の薬や食料、救急車やスラムの現地ヘルパーの給料をまかなっています。


発展途上国での貢献。

現地のボランティア医師団。

多くの場合休暇を利用して無給で活動しています。例えばドイツの眼科クリニック元院長のシュッテ教授は、現在ガーナで手術を行っています。彼もまたGRVDにより派遣された1人です。この非営利団体は、発展途上国における医師や歯科医師、理学療法士の無償活動を組織し、まとめています。secaは2006年、このボランティア医師たちがアフリカへ飛ぶための航空券代などを寄付し、現地における医療従事者のための継続教育費にも我々の寄付金が使用されました。

コンタクト。

secaお客様サービス。

こちらのメールフォームから、secaまたはsecaのパートナーまで直接お問い合わせいただけます。

星印(*)の付いた欄は、必須項目です。それ以外は任意でご記入ください。

Contact Form ja

Individual Subject (grey)
standard fields (grey)

個人情報 の取扱について.

Submit field